【事例紹介】東京産食材の消費促進・認知拡大を目的としたメニューフェア<東京都様>

【事例紹介】東京産食材の消費促進・認知拡大を目的としたメニューフェア<東京都様>

東京産食材に興味関心が高い飲食店をリクルーティングし、メニューフェアを開催。食材に関する理解を深めてもらい、食材を利用したオリジナルメニューをフェア参加店舗にて提供。フェア内容をぐるなびメディア内で告知し参加店舗への送客促進をおこなった。

 

東京都様 東京産食材の消費促進及び認知拡大

 

  • 東京都産食材に興味・関心があり、魅力を最大限に引き出せる飲食店のリクルーティング

    対象食材にマッチする飲食店をエリア、業態、単価情報をベースにターゲットリストを抽出し、 対象食材や食材のPRに興味関心が高い飲食店をリクルーティングを実施。

 

 

 

 

  • フェア参加店でオリジナルメニューを提供。食材の発送業者の選定

    対象食材の新たな魅力や認知拡大の機会を創出するメニュー開発に繋がるよう、参加飲食店にはフェアの趣旨や目的を明確に提示し、一定期間のメニュー考案期間を設定。さらに、農産物・畜産物・水産物の配送業者を選定。飲食店が食材の魅力を最大限に引き出せるようサポート。あわせて、差し込みメニューも制作し、オーダーの促進も促した。

 

 

 

 

  • SNS、ウェブ、食の感度が高いぐるなびユーザー向けの情報発信

    「特設サイト」はもちろん、SNS・メールなど幅広い年齢層に対してリーチができるよう、様々な媒体を利用してフェア開催の情報を発信。フェア参加店舗のオリジナルメニューも掲載し、ユーザーの興味を喚起させ来店の促進も図った。

 

 

 

 

「ぐるなび」だからできる、ソリューション

ぐるなびが保有する50万店の店舗ネットワークと膨大な店舗情報からフェア開催目的に応じて柔軟にマッチングできる

シェフのグリップ力と飲食店に対する決めやかなフォロー体制でフェアを成功に導きます

食文化・地域食材の認知拡大プロモーション

食文化の認知訴求を目的としたプロモーションをご検討の際はまず一度ご相談ください。

関連記事