【事例紹介】店舗訪問によるマーケティング代行

投稿日:2022.01.18

店舗訪問によるマーケティング代行

メーカー様商品の専門知識を持ったスタッフが飲食店訪問を行い、商品や関連する業務等に対する飲食店の実態の把握(マーケティングデータを収集)を行います。また、店舗課題に則した形で商品やサービスの紹介をすることで、より飲食店にとって魅力ある情報提供を行います。

調味料メーカー様課題

  • 多様化、複雑化する飲食店のニーズを把握し、「個店」に焦点をあてた情報データベース構築を実現したい
  • 飲食店課題に則した商品紹介による商品ニーズを創出したい
  • 飲食店プラットフォームの構築とリードナーチャリングを行いたい
  • セグメントと実態データ収集

    ご予算や注力エリア等メーカー様の戦略にあわせてエリアや業態、客単価等対象店舗のセグメントを行います。 対象店舗にあらかじめ商品知識を身につけたスタッフが訪問し、直接の会話を通じて、ヒアリング項目の聴取を行い、データベース化していきます。

  • 飲食店課題に則した商品紹介

    ぐるなびの長年の経験を踏まえ、飲食店の課題やニーズにあった商品紹介を行います。飲食店へのご案内チラシやランディングページの制作等も承り、メーカー様の商品・サービスが飲食店にとってメリット・魅力を感じられる表現になる様工夫します。

  • リードナーチャリングへの活用

    訪問店舗の許諾を得たうえで、メーカー様とぐるなびの独自の飲食店プラットフォームを構築します。対象店舗にはその後継続的にアプローチをすることで、効率的且つ効果的にリードナーチャリングを行えます。

ぐるなびの優位性

  • ぐるなびが保有する50万店のネットワークと膨大な店舗情報から希望条件に当てはまるセグメントが可能
  • 長年の飲食店サポート経験を活かした「飲食店メリットを感じさせる表現・アプローチ力」
関連サービス